導入・設置例

地方自治体・行政の方へ

トイレの災害対策は万全ですか?

地方自治体・行政の役割として、地域を守るための災害対策が必要です。
以下のような箇所に計画的に災害救援槽2Ways大地くんを設置することで、効果的な災害対策が行えます。

下水道地域の学校などの大規模避難所に

大規模災害時には下水道施設や管路が損壊しトイレが使用できなくなる地域が多く発生すると予想されます。東日本大震災では、満杯になった仮設トイレから溢れた排泄物によって細菌が広がり、問題となりました。下水道施設やバキューム処理等の復旧まで、地域の避難者を受け入れられるトイレ設備の用意が必要となります。
また、救援物資が届くまでの非常食の備蓄が必須ですが、全国的に保管スペースの確保や備蓄率が問題となっています。災害救援槽2Ways大地くんでは、3日分以上の食糧と飲料水を備蓄することが出来ます。

俯瞰地図

沿岸地域や救援活動の拠点に

災害救援槽2Ways大地くんは地下に備蓄槽を埋設するため、津波や火災による喪失を防ぐことができます。また、あらかじめ埋設地点の緯度経度を記録しておくことで、災害により埋設場所が不明になった場合にも、カーナビや携帯電話等のGPS機能で位置を特定できます。
東日本大震災で救援活動に自衛隊が大活躍したことは広く知られるところですが、排泄処理に苦労したことは話題に上がりません。民間のボランティアも含め、救援活動に携わる方々の健康状態も守らねばなりません。沿岸地域など津波の被害が想定される場所に災害救援槽2Ways大地くんを設置することで、災害時の救援活動の拠点として利用することができます。

避難タワーの下に

東北大学災害科学国際研究所の今井健太郎助教は、避難タワーの上は異常な暑さとなり、備蓄した食糧の劣化が進みやすく保管に適さないとの見解を示しています。地下備蓄槽は紫外線を遮断するため、収納物の劣化防止に有効です。また、盗難などの被害を防ぐこともできます。これらの理由から、備蓄物の更新コストを最小に抑えることができます。

高知県防災関連登録製品

高知県の防災関連製品として登録されています。
高知県防災関連産業交流会認定番号:27高知防産第14号

事業者の方へ

自治体×民間で地域を守る

人がたくさん集まる場所、災害時に避難所や救援活動の拠点となる場所、
駐車場など有効利用できそうなスペースに災害救援槽2Ways大地くん設置することで、
地域に安心を備えることができます。

病院・介護施設 民間の教育機関施設 ショッピングモール 工場

カスタマイズ事例

ニーズに応じてカスタマイズ可能

災害救援槽2Ways大地くんは、仮設トイレの数や備蓄内容をカスタマイズできます。
仮設トイレは最大10基(男性用小便器は除く)まで増設できるほか、車イスの方も利用できる大型BOXパネルもご用意しています。

A病院様

車イスや介護の必要な方のために大型BOXトイレを設置

入院患者200人と職員100人、計300人(男女比1:1)の利用を想定。使用時間の計算により、標準の仮設トイレ8基に加え、車イスをご利用の患者様および介護用として大型BOXトイレを1基、男性用小便器を3基の構成プランをご提案しました。

使用時間の計算

種類 基数 1時間あたり 1回あたり
男性用トイレ 2 7.5回 8分
男性用小便器 3 25回 2.4分
女性用トイレ 6 14回 4.3分
大型BOXトイレ 1 4回 15分

夜間は利用が少ないため、1日を10時間として計算。
男性用小便器を設置することで使用時間の緩和を図りました。

【A病院様・300人向けプラン】仮設トイレ:8基 車イス対応トイレ:1基 男性用小便器:3基 食糧:300人・3日分 飲料水:300人・10日分 トイレットペーパー:300人・30日分

高知市立城西中学校様

30年後も、初めて見た人もすぐに使える工夫

もしもの災害時、初めて大地くんを目にした人でもすぐに使い方が分かるよう様々な工夫を凝らしました。
30年後の未来にも使える“普遍性”へのこだわりです。

1. どこに何が備蓄されているか一目で分かる! 2. 2つの看板の位置で埋設場所が分かる! 3. トイレの完成図と組立手順を表した看板 4. 仮設トイレの設置場所とパーツが色分けされているので組み立て時の混乱が防げます

工事の様子

車10台分のスペースで設置可能

埋設工事には車10台分のスペース(本体の約2倍の面積)が必要です。工期の目安は2週間です。詳しくはお問い合わせください。

1. 掘削工事 2. 下部コンクリート打設 3. 搬入 4. 設置確認

LINEで送る

トップへ戻る